オートオープン式熱プレス機 - 熱転写機・転写機・ヒートプレス機・転写プレス機・熱転写プレス機 - ダズオールプリント.com

オートオープン式熱転写機・ヒートプレス機・プレス機・熱プレス機オートオープン式熱転写機・ヒートプレス機・プレス機・熱プレス機

space04.pngお問い合わせお問い合わせ転写機・ヒートプレス機・熱プレス機のサポート転写機・ヒートプレス機・熱プレス機のサポート今すぐ注文する今すぐ注文する

オートオープン式熱転写機・ヒートプレス機・転写プレス機のホバープレスオートオープン式熱転写機・ヒートプレス機・転写プレス機のホバープレス
5_A_AutoPress.png5_A_AutoPress.png
5_A_AutoCap.png5_A_AutoCap.png
5_A_Auto66.png5_A_Auto66.png


プレス後に熱天板が自動的に上がるハンド式転写機のシリーズです。

autoopenfamily_03.jpg

ハンド式転写機でありながら、作業される方の疲労を軽減します。
ハンドルを下げるときは、マグネットによるロックダウンアシストにより、熱天板をプレス位置により下げやすいです。
さらに、ヒートプレス開始後、設定したプレス時間を自動的にカウントし、設定時間がくるとオートオープン機能によって熱天板が自動的に上がります。
しかも、ハンドルの可動部分には従来のバネでなく、ガスショックアブソーバーを装備しているため、スムーズにオートオープンします。
プレス時は熱天板と転写マークおよび下台が密着するため、従来のハンド式転写機ではハンドルを引き上げる力が多少必要になりますが、オートオープン機能搭載のこの転写機のシリーズでは、ハンドルに手を添えておくだけでプリントが完了します。
他には、1回目と2回目のプレス時間を別々に設定できるツインタイマー機能を搭載しています。
転写シートの推奨プレス条件は、「1回目が5秒、2回目が10秒」などとプレス時間が別々であることが多いため、大変利便性の高い機能と言えます。
温度・プレス時間・圧力はすべてデジタル表示のため、見やすく、操作しやすいです。
くわえて、現在の温度、プレス時間のカウント、かかっている圧力をすべてライブ表示します。
設定ボタンは3つのため、簡単に操作することができます。
このオートオープン転写機シリーズには、ダイレクトインクジェットプリンタによるプリント後の乾燥(インクの硬化)のために考えられたホバープレス平台型のオートオープンプレスキャップ専用のオートオープンキャップワンポイントプリント専用のワンポイント用オートオープンプレスがあります。

熱天板が自動であがる手動式転写機のホバープレス熱天板が自動であがる手動式転写機のホバープレスホバープレス

熱天板が自動であがる手動式転写機のオートオープンキャッププレス熱天板が自動であがる手動式転写機のオートオープンキャッププレスオートオープンキャップ

熱天板が自動であがる手動式転写機のオートオープンプレス熱天板が自動であがる手動式転写機のオートオープンプレスオートオープンプレス

熱天板が自動であがる手動式転写機のワンポイント用オートオープンプレス熱天板が自動であがる手動式転写機のワンポイント用オートオープンプレスワンポイント用オートオープン

電圧

hotronix_f_47.png

マグネット

hotronix_f_25.png

hotronix_f_15.png

  • ハンドルを下げるときは、マグネットによるロックダウンアシストにより、熱天板をプレス位置により下げやすいです。
  • ヒートプレスが完了すると、オートオープン機能によって熱天板が自動的に上がります。
  • このオートオープン機能によって、プレス時間を正確に守り、作業者の疲労をより軽減し、より早くプリント加工を行えます。

ディスプレイ

led_display.jpg

  • LEDディスプレイです。
  • 現在の温度、プレス時間のカウント、かかっている圧力をすべてライブデジタル表示します。

プレス時間

hotronix_time__03.png

  • 1~999秒の間で設定可能です。
  • 1回目と2回目のプレス時間を別々に設定することが出来ます。(ツインタイマー機能)
  • 転写シートの推奨転写条件は、「1回目5秒、2回目10秒」などとプレス時間が別々であることが多いため、このツインタイマー機能を利用することで、プレス時間を迷うことなく一定にプリントすることができます。

温度表示

hotronix_time__09.png

  • 摂氏(℃)表示もしくは華氏(°F)表示が出来ます。ご注文時に選択してください。

プレス温度

hotronix_f_42.png

  • 約95~215℃(約205〜420°F)の間で設定可能です。
  • 低温接着の転写マークや昇華転写も加工可能です。

圧力表示

Livedigital_03.png

  • かかっている圧力を、0〜9の数値でライブデジタル表示します。
  • ライブ表示されることで圧力を正確に調整することができます。

圧力調整方法

hotronix_f_34.png

hotronix_f_32.png

  • 熱天板の上部もしくはアタッチメント(下台)の下部にある圧力調整ノブを回すことで調整できます。
  • 圧力調整ノブが熱天板もしくは下台の中央に垂直に備わっているため、全体に圧力を均一にあたえることができ、安定したプリントが可能です。

転写マークのセット時

autoopen_open.jpgautoopencap_side.jpg

  • 熱天板が手前斜め上に開きます。
  • 65°と大きく開くため、Tシャツなどのウェアやキャップ、転写マークのセットをより安全に行えます。

熱天板

heatplaten2.jpg

※平台型転写機の写真です。

  • 熱天板の内部には、1本の高品質なヒーター管がジグザグに5cm間隔に通っているため、熱天板全体の温度を均一に保ち、コールドスポット(熱がかからない部分)はありえません。
  • このヒーター管は寸分の狂いも許されないため、組み立て前にレントゲン検査が行われています。
  • 厚みは約2cmあるため、熱をより長く保ち、反りが起こらず頑丈です。
  • 表面は汚れがつきにくい様にテフロン加工が施されています。熱天板の表面に汚れがついたのですが。をご参照ください。

下台

hotronix_f_26.png

  • 素早く簡単に交換できます。工具は不要です。
  • 厚さ約1cmの硬めのシリコンラバーがついているため、必要な部分に適切に圧力を加えることができます。

ボディ

2steel.jpg

  • きれいな状態を保持するために、耐腐食性を備えています。
  • 0.5cm厚の強固で高品質なHRPOスチールが使われています。
  • フレームのHRPOスチールは大型の自動レーザー加工機で切断するため、一台一台理想の設計通りに生産されています。
  • ボディ表面は引っかき傷がつきにくいようにパウダーコート仕上げが施されています。
  • クラムシェルデザインにより省スペース設計です。
  • 重く、頑丈な設計です。
  • 長年にわたってご利用いただけます。

温度計

  • 温度特性が良好で経時変化が少ない白金(プラチナ)測温抵抗体付のセンサーです。

製造国

usa-1.png

  • アメリカ

準拠している規格

ul_ulc_ce_rohs.jpg

  • UL / ULC / CE / RoHS

保証

  • 最大5年間パーツ保証致します。※パーツによって異なります。

オートオープン転写機シリーズ

ホバープレス・オートオープンプレスの別売のアタッチメント(下台)サイズ

GarmentPlatens.jpg
イメージでは工具が写っておりますが、弊社にてお買い求めいただいた下台であれば、工具は不要です。

  • 17.5cm円板
  • 15 x 25cm
  • 20 x 25cm

オートオープンキャップの別売のアタッチメント(下台)サイズ

CapPlatens.jpg

  • 7.0 x 16.5 cm
  • 7.5 x 14.5 cm
  • 10.0 x 16.5 cm
  • 10.0 x 20.0 cm

周辺サプライ・消耗品

その他の転写プレス機

転写機・ヒートプレス機・熱プレス機を一覧表示転写機・ヒートプレス機・熱プレス機を一覧表示

転写機についてお問い合わせ転写機についてお問い合わせ

転写機をご注文転写機をご注文

よくある質問

hotronixlogo8_03.png

Stahls Hotronix(米国スタールズ ホトロニクス)社は世界トップクラスの熱転写機製造メーカーです。
日本国内では弊社が総代理店です。

1cut.jpg自動化されたレーザー切断3weld.jpgロボットによる溶接

5assemble.jpg経験豊かな組立技術者6store.jpgホトロニクス社の倉庫

かすとりをより早くかすとりをより早く

カッティングプロッタは既にお持ちですか?カッティングプロッタは既にお持ちですか?

カッティング転写シートも取扱あります。カッティング転写シートも取扱あります。

耐熱テープを使用すれば不安定な位置にも簡単にプリント出来ます。耐熱テープを使用すれば不安定な位置にも簡単にプリント出来ます。

インクジェット熱転写シートも取扱ありますインクジェット熱転写シートも取扱あります

ページの先頭へ